リスニング・マラソン ブラジル生活編

参加者募集

■日時:毎週月曜日 21時30分から22時15分(1コマ:45分)
■場所:Zoomを利用します。
■進め方:
①前週のダイアローグの暗唱発表(重要なひな型を頭に叩き込めて、とても効果的です)
②リスニング(その日の音源を通して聞きます)
③書き取り(1フレーズ3回ずつ聞いて書き取り。自分が聞こえにくい音を発見します)
④答え合わせ(音のつながり、欠落を意識してフレーズごとに読みの練習、日本語訳、文法解説)
⑤シャドーイング(ポル語を見ながら2回、ポル語なしで仕上げの2回)
※①②④は参加者は原則ミュート、③の解説時に質問ができます。
※欠席した人にはその日の日本語訳文と授業の録画を配信します。

■教材:ブラジルの外国人向けポルトガル語テキスト『Muito Prazer』
■参加費:12,000円(3か月・12回)
※ほかのコースと組み合わせることで大幅な割引特典があります。
■お申込み、お問い合わせ:contato@ebrasil.jp
※この内容はまだ変更される場合がありますので、予めご了承ください。

このコースの目玉は、非常に実践的なリスニング音源です!ブラジルで発行されている外国人向けポルトガル語テキストとして定評のある『Muito Prazer』の音源をピックアップして使用します。

電話番号やメール交換から待ち合わせ確認の電話、バス停での会話、職場に遅刻したとき、タクシーの運転手とのやり取り、写真を見ながらの思い出話、宿題の手伝いをお願いする、などなど、ブラジルで生活したときに想定されるとてもリアルなシチュエーションが満載。

また会話のスタイルがとてもナチュラルで、実際にブラジル人たちが話しているままの形で再現されています。教科書によっては、確かに文法的には正しいけど、そんな言い方誰もしないよというような例文で構成されているものも見かけますが、この音源はフレーズも話す人たちの口調も非常に自然です。

これがきちんと聞き取れるようになれば、ブラジルのどんな日常会話でも怖いものはなくなるでしょう。

万が一欠席される場合でも、レッスン録画をシェアしますのでフォロー態勢も万全。参加メンバーで作るライン・グループでも質疑応答やポル語情報のシェアなど、毎日活発にやり取りしていますので、ひとりで挫折しがちだった人も安心ですよ。

参加には事前のお申込みが必要です。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。Zoomアドレスやお支払い方法など、詳細はお申込みいただいた際にお知らせいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました